ドライバーの求人には色々と種類があり、その中にタクシーやバスの運転手を募集しているものが存在します。そこで、タクシーやバスのドライバーに必要な免許の種類と取得に当たって有利になる情報をチェックしてみましょう。

タクシーのドライバーの求人

これが必要なの?タクシーの運転で要求される第二種普通自動車運転免許証

経済的な負担が減る!第二種普通自動車運転免許証の取得における会社負担

ルールあり!会社に免許費用を出してもらう条件について

一定期間勤務し続けることが大切

タクシードライバーというのは未経験者でも普通免許を持っていれば採用となるパターンが多いですが、入社してから二種免許を取得する必要があります。この際には自動車学校に通って取得することになりますが、その際には免許取得費用が必ずかかります。これらはほとんどの場合会社側が負担してくれるのですが、条件が存在します。取得後定められた期間勤務することを就業規則で定めている場合が多いですので、決められた期間勤務せずに退社した場合には、取得費用の返還を求められることもあるのです。このためタクシーの求人を探す場合には、長く働けそうな会社で求人を探すことが大事になり、簡単に辞めないという意思を持って働くことも大切です。

一定期間働けば返還の義務はなくなる

免許取得に際して、どの程度の期間働けば取得費用の返還義務が消滅のかについては、その会社の就業規則によって変わってきます。大抵の場合数年間働くことを必要としている場合が多いですので、病気ややむを得ない理由がない限りは働き続けることが大切です。しかし、所定の年数働くことが出来た場合には、免許取得費用の返還が必要なくなりますから、条件の良い会社に転職してみたり、あるいはそのままその会社で働き続けるという方法もあります。タクシードライバーは人手不足の企業が多いですので、人材育成の観点から取得費用を負担している場合が多くなっています。しかしながらそのためには必ず条件が有りますから、働く前に確認しましょう。

バスの運転手を求める求人に関して

バスのドライバーになるには?大型自動車第二種免許に関して

第二種免許が無くても応募可能!バス会社が免許取得のお金を出してくれる

チェックしよう!免許の費用負担におけるルールに関して

ドライバーの求人を探したい!

ドライバーの求人は求人サイトにて探し出せます。勤務条件に気をつけて求人を探し出しましょう。中には高待遇の求人もあるかもしれません。