これが必要なの?タクシーの運転で要求される第二種普通自動車運転免許証

タクシードライバーとして働くなら必要な免許!

タクシードライバーとして働くのなら必ず必要なのが免許です。普通自動車の運転免許があれば良いと思うかもしれませんが、実は不十分です。営業ナンバーの車両を用いて旅客を乗せて事業をするのであれば免許が必要になります。それが第二種普通自動車運転免許証です。自動車教習所で試験勉強や検定試験を受ける必要があります。運転技術の良し悪しだけでなく筆記による試験もあるのでしっかりと勉強する必要があります。これら試験を無事にパスすれば初めて第二種普通自動車運転免許証を取得でき、タクシードライバーとして働くことができます。ただ、免許を取得するには費用がかかります。どれくらいの費用がかかり、どんな日程が組まれるのかを把握して試験勉強に励みましょう。

免許取得支援!そんな制度がある会社も

第二種普通自動車運転免許証があればタクシードライバーとして働くことができますが、タクシー会社によっては独自の精度を運用していることがあります。例えば資格取得支援精度です。第二種普通自動車運転免許証が無くても入社したら免許取得にかかる費用を会社が負担するという精度です。また、試験勉強を独自で開いてくれるなど支援が整っていることもありますが、教習所側で合宿プランを組んでいるケースがあるのでこれを利用して短期間で集中的に勉強するのも良いでしょう。試験問題は難しくなっており合格点も高めに設定されています。そのため、一発で合格できない可能性も視野に入れる必要があります。再試験を受ける方法やそのための費用など取得までには様々な準備が必要です。

ドライバーの募集とはタクシー運転手やトラックドライバーなどを募集して、人材を確保をすることをいいます。