バスのドライバーになるには?大型自動車第二種免許に関して

大型自動車二種免許取得制度がある

現在、中堅のバス運行会社の多くが、バス運転手の求人を積極的に行っています。その中には鉄道系グループの会社もあり、抜群の安定性があります。腰を据えて働きたい方には、そのようなバス運行会社も選択肢となります。バスの運転が未経験の方でも、運行会社によっては大型自動車第二種免許の取得制度を設けています。同時に入社時研修を実施することで、バスの運転技術を磨くことが出来ます。 中堅のバス運行会社であれば、営業所に配属された後も先輩運転士による習熟訓練が行われます。それゆえバス運転士として不安がなくなるまで、運転技術や接客スキルなど、じっくりと習得できます。鉄道系のバス運行会社の多くは、高速バスや路線バス、そして観光バスなど幅広いバス事業を展開しています。それゆえ仕事の選択肢が広いのもメリットです。

地域の足として人々の暮らしを支える

昨今、バス運転士の就労環境も整っており、中堅運行会社の有給休暇取得率は平均して8割を超えています。プライベートの充実が図れるほか、育休や産休制度も整っています。職場復帰もしやすいので、長く働きたい方に適しています。実際、中堅の運行会社の殆どは、最長70歳まで勤務が可能です。

バス運転士の魅力は地域の足として、人々の暮らしを支えられることにあります。鉄道系の運行会社であれば丁寧な研修を受けた後、経験やスキルに応じて路線バスやコミュニティバス、貸し切りバス等の担当に分けられます。勿論、本人の希望が優先されるので、やり甲斐を持って仕事に臨めます。初心者であれば固定のルートから始まり、仕事に慣れることで運転できるルートを増やしていけます。

運転手の求人は運送業の場合、業界全体の人手不足や働き方の見直しのため、人が集まりやすく定着しやすいように働く条件が改善されつつあります。