経済的な負担が減る!第二種普通自動車運転免許証の取得における会社負担

免許取得のためのサポートが手厚いタクシー会社がおすすめ

タクシードライバーの経験がない人や、仕事に必要な免許を持っていない人は、求人選びの際に第二種普通自動車運転免許証の取得費用をサポートしてくれる会社を探すことがおすすめです。大手や地域に密着したタクシー会社の中には、一定の条件を満たす社員を対象に、教習費用や免許試験の受験料だけでなく、日当を支給しているところもあるため、じっくりと会社ごとのサポートの内容を比較してみましょう。最近では、若手のタクシードライバーが不足している会社をはじめとして、ベテランのドライバーによる研修を強化したり、業務手当の見直しをしたりしているところも多くあります。そこで、気になるタクシー会社の求人票をチェックして、働きがいのある職場を見極めましょう。

雇用形態を自由に選べるタクシー会社も増えている

タクシードライバーの雇用形態は正社員だけでなく、契約社員やパートタイムなど様々なものがあります。そのため、タクシー会社に入社して無事に二種免許を取得した後に、長くドライバーとして活躍をしたい場合には、自分の年齢やライフスタイルなどに合った働き方を探してみましょう。また、タクシー会社の求人を探す際には、給料ばかりでなく、免許取得のサポートの有無や、労働時間、休日の日数などをじっくりと比較することがおすすめです。また、子育てや体力などの事情により夜間の業務に就くことが難しい人は、日勤がメインのドライバーの募集をしている会社を優先的に探すと良いでしょう。その他、会社の方針によってそれぞれのドライバーが担当する営業エリアが異なるため注意が必要です。

運転手の募集には様々なものがありタクシー運転手やトラック運転手、バスの運転手など二種免許と呼ばれる商業用の免許証が必要なものもあります。