第二種免許が無くても応募可能!バス会社が免許取得のお金を出してくれる

バスのドライバーになる条件とは

ドライバーは、車の運転が好きな方が憧れる職業の一つですよね。個人の専属ドライバーや介護職でのドライバーなど、携わる仕事のジャンルも様々です。そして、ドライバーの求人の中にはバスのドライバーを募集している所もあり、「バスの運転手さん」に惹かれる方も多いのではないでしょうか。ですが、バスのドライバーになるには特殊な免許が必要です。それは、大型第二種自動車運転免許のことで、普通自動車免許や大型特殊自動車免許、大型一種自動車免許を取得して3年以上経過している方が取得対象者となる免許で、これは必須条件となります。しかし、バス会社によってはその免許を取得するサポートを提供している会社もあり、場合によっては会社が費用を負担してくれる便利な制度です。

2種類のサポート制度

そのサポートは大型二種免許取得支援制度と言い、養成補助制度と養成制度の2種類があります。養成補助制度は免許取得のための費用を補助する制度で、その補助内容も会社によって様々です。提示された勤務年数をクリアすれば、返済免除としている会社も存在します。養成制度の場合は会社側が費用を負担してくれる制度でこちらは返済の必要は無し、ただし、ある程度の勤務年数を条件としている会社もあるので、各会社の条件をチェックした方が無難です。なお、一般的には大型第二種自動車運転免許は21歳以上という年齢制限もあり、高卒で入社した方がすぐに得られる免許ではありません。ですがその場合、事務の業務をしながら免許取得をサポートする見習い制度を設けている会社を選べば、費用を抑えることができ、免許の取得も得られます。

同じ業界内でドライバーの転職を検討するなら、ドライバー専門の求人情報サイトがありますので登録して進めましょう。